HOME>イチオシ情報>不妊治療をステップアップさせる理由や手段
医者と夫婦

ステップアップする理由

様々な理由で不妊治療を行う人がいますが、その原因は人それぞれです。ですから、治療の方法に関しても個人によって選択されるものが異なります。年齢が若くて肉体的にも問題がない場合はタイミング法から開始されるのが一般的です。排卵日にタイミングが合わなければ受精しませんので排卵日を特定することも重要なポイントです。排卵がうまく行われていない場合は排卵誘発剤などを使用して排卵を人工的に起こさせる治療を行います。そしてその次に人工的に受精させる人工授精にステップアップします。人工授精でも妊娠に至らない場合は体外受精や顕微授精が選択されるでしょう。横浜では高度不妊治療を行っているクリニックがありますので、体外受精や顕微授精を行いたい場合はまずはカウンセリングから行ってください。身体の外で受精させて2~5日後に体内に戻して着床させます。

1回にかかる費用とは

横浜では高度不妊治療を行っているクリニックもたくさんありますが、体外受精などの高度不妊治療となるとかかる費用も高額になります。体外受精の場合はトータル費用としては1回あたり30万円から50万円が相場です。妊娠に関する治療に関しては健康保険の対象外になることがほとんどですので結果的に高額な治療費が発生してしまいます。お住まいの自治体によっては女性システムがありますので金銭的に不安がある方はまずは相談してみてはいかがでしょうか。1回で妊娠できることもありますが、複数回行っても妊娠に至らないケースもあります。高度不妊治療を行う時には肉体的にも負担が掛かってしまうので期間を決めることをおすすめします。ストレスが溜まりすぎると体内の環境も悪くなりますので、身体を休めつつ治療に取り組むのがベストです。